何故、釧路空港は霧が多いの?
霧は雲の一種です。気温や水蒸気の影響により様々な種類に分かれます。
釧路空港に多く発生する霧は、暖かい湿った空気が海面に触れて冷やされた時の温度差によって発生します。このような霧を「海霧」(かいむ)と言います。
この「海霧」は季節に関係なく発生しますが、春先から夏にかけて多く発生する傾向があります。
高温多湿な小笠原気団が北に移動してくると、冷たい千島海流にぶつかります。この時の温度差によって海面に発生した霧が、夜間などの陸地の温度が低いときに内陸に入ってきます。
このような現象は、三陸沖から北海道太平洋海上に多く見られます。釧路空港は海岸線から約6kmと海に近く、標高約90mの小高い丘陵地に、また東側は釧路湿原の一部で低湿地という場所に位置し、特にこの影響を強く受けているのです。


  高カテゴリーILSとその性能
 
カテゴリー
(category)
着陸最低運航条件(landing minima)
決心高(DH) 滑走路視距離(RVR)
60m以上 550m以上
30m以上 350m以上
Ⅲa 設定なし 200m以上
Ⅲb 設定なし 100m以上
Ⅲc 設定なし 0m以上
霧の影響の多い釧路空港において、従来のCAT-Ⅰ運用では限界がありました。それはイメージ図のように着陸最低気象条件が、決心高60m以上、滑走路視距離600m以上と定められていたことにより、これを満たした気象条件でなければ航空機の着陸は困難でした。
しかし、CAT-Ⅲa運用においては、着陸最低気象条件が大幅に改善されました。これにより、高い就航率が期待できます。
但し、CAT-Ⅲaで着陸を行うには、CAT-Ⅲaに対応した機上設備地上設備の全てが確実に機能することが必要となります。
 
追記:2006年4月から、1ランクアップしたCAT-Ⅲbにて運用しております。
    ※CAT-Ⅲbは機材によっては対応してない場合がございます。


  CAT-Ⅲ 運航について
  CAT-Ⅲ 運航を実施するためには、大きく分けて次の4つの要素を全て満たさなければなりません。
 
1.地上施設
まず最初は、地上施設です。CAT-Ⅲ用の地上施設が設備されていなければなりません。
2.機上装置
次に機上装置です。航空機にCAT-Ⅲ用の機上装置が装備されていることが必要です。
3.航空機乗組員訓練及び審査 地上施設、機上装置がそろっていてもまだCAT-Ⅲ運航はできません。 航空機の乗組員の訓練、審査が必要です。
4.運航方式 最後は運航方式です。このCAT-Ⅲの運航方式が設定されていなければCAT-Ⅲ運航はできないのです。

 

上記の4つのうち、こちらのコーナーでは地上施設(無線施設と航空視覚援助施設)について、紹介しております。


  ILS進入方式に必要な無線施設
無線着陸援助装置と機上装置
ILSとはInstrument Landing Systemの略で計器着陸装置と言います。
カテゴリー(CAT)は技術レベルのランクを表します。
ILSは、表のように大別して三種類のカテゴリーに分類されています。
カテゴリーが高くなる程(カテゴリーの数字が大きくなる程)そのシステムは高い安全性と継続性を有したシステムです。
カテゴリーの中で、CAT-Ⅱ、CAT-Ⅲa、b、cを高カテゴリーILSと言います。
ILS施設は次の装置から構成されています。
LOC:ローカライザ装置
滑走路中心線を示す特殊な電波を発射しています。
電波カバレージはLOC空中線から25NM。
GS:グライドスロープ装置
滑走路着陸地点から降下角3度を示す特殊な電波を発射しています。
電波カバレージはGS空中線から17NM。
T-DME:ターミナルDME装置
滑走路接地点までの距離を示しています。
FFM:ファーフィールド モニター装置
CAT-Ⅲのみに設置され滑走路末端でローカライザ電波を監視しています。


  カテゴリーⅢa進入方式による効果
平成6年~21年度までの就航状況の推移をグラフにしてみました。
カテゴリーⅢa進入方式の導入は、平成7年10月からの運用開始となっております。
画像は1分おきに更新されます。ブラウザの更新ボタンで最新の画像が表示されます。