釧路空港の概要
釧路空港は海岸から約5km、市街地から北西に約20kmの丘陵地にある第2種空港です。道内では新千歳、函館に次ぐ航空輸送の重要な拠点となっています。
釧路空港は昭和36年7月に滑走路1,200mで供用を開始しました。それ以後、航空需要が年々大きくなっていくのに合わせて、滑走路の拡張を実施してきました。そして平成12年11月には、滑走路2,500mの供用を開始しています。これによってジャンボクラスの大型の航空機の運航が可能となり、また冬季の航空機の安全運航にも、寄与することでしょう。
平成3年度からは、釧路地方特有の濃霧による航空機の欠航を解消する為に、計器着陸装置(ILS=Instrument Landing System)の性能向上事業(霧対策事業)が実施され、平成7年のカテゴリー3a運用開始によって完了しています。そしてその翌年、平成8年7月4日には旅客ターミナルビルが現在の姿に一新されました。
この新旅客ターミナルビルは、旧ターミナルビルと比較すると約2.6倍の大きさになり、館内は機能的である事が設計上のコンセプトとされております。外観の特徴としては、まず大屋根部分は、地元阿寒にある「雌阿寒、雄阿寒岳」をモチーフにしております。
また、建物を縁取るような赤いラインは、グレーの外壁色と相まって「丹頂鶴」をイメージしております。さらに正面に見える大きなガラス部分については、「釧路湿原」の緑色を採用しました。この湿原をイメージした緑色は、館内のビジュアルサインの背景色にも使われております。

会社概要
商号 釧路空港ビル株式会社
(英文名 Kushiro Airport Terminal Building Co.,Ltd.)
所在地 〒084-0926 北海道釧路市鶴丘2番地
TEL(0154)57-8304 / FAX(0154)57-5879
設立年月日 昭和47年7月8日
資本金 200百万円(授権資本 550百万円)
株主数 37名
主な株主 日本航空㈱、ANAホールディングス㈱、釧路市
株主構成 地方公共団体(25%):航空会社(32%):経済界(42%) 他
主な事業 空港ターミナルビルの貸室業及び管理業
代表者 代表取締役社長 小林 強
役員数 取締役 11名・監査役 3名
従業員数 男子4名 女子4名 計8名





45期営業報告書【平成28年度】2017年7月1日更新

45期付属明細書

45期セグメント情報
44期営業報告書【平成27年度】2016年6月24日更新

44期付属明細書
43期営業報告書【平成26年度】2015年6月24日更新

43期付属明細書
42期営業報告書【平成25年度】2014年7月1日更新

42期付属明細書
41期営業報告書【平成24年度】2013年6月27日更新
40期営業報告書【平成23年度】2012年7月1日更新
39期営業報告書【平成22年度】2012年5月31日更新
38期営業報告書【平成21年度】2012年5月31日更新
37期営業報告書【平成20年度】2012年5月31日更新
36期営業報告書【平成19年度】2012年5月31日更新
画像は1分おきに更新されます。ブラウザの更新ボタンで最新の画像が表示されます。